睡眠の質を良くする方法②

睡眠と覚醒は表裏一体であり、朝起きてから眠るまでの行動習慣が、睡眠の質を良くするために大切です!

  • ①朝の光を5分浴びる
  • 朝日を浴びると、体内リズムが整い、眠りを推進してくれるメラトニンが分泌されます。
  • 外に出るのが1番良いですが、室内でカーテンを開けて浴びるのもオッケーです!
  • ②起床後は、裸足で歩く
  • 床にじかに触れると、皮膚感覚が刺激され、
皮膚温度が下がることで、すっきり目が覚めます!
  • ③冷たい水に手を付ける
  • 冷たい水に手を付けることで、皮膚温度が下がり、すっきり目が覚めます!
  • 私は朝トイレに行き、トイレを流した後に、
  • 蛇口から出てくる水が止まるまで、手を付けるようにしています。
  • 顔を洗うついでに、しばらく水に手を付けるというのも良いと思います!
  • ④食事は20回以上噛んでから飲み込む
  • 固形のエサを与えたマウスと、
噛まずに食べられる粉状のエサを与えたマウスでは、
  • 前者の方が睡眠や行動パターンに昼夜のメリハリがあるという実験結果が出ており、
よく噛むことが、覚醒と睡眠に深く関係していることがわかっています!
  • また、肥満の防止や、消化を良くするなど、
  • 良いことばかりなので、是非20回以上噛むように意識してみてください!
  • ⑤仮眠を取るなら20分程度
  • 起床から8時間程度で眠気が来るのは

ごく自然なことで、20分程度の仮眠を取ると、

その後のパフォーマンスが上がります!
  • 逆に、1時間以上昼寝すると、集中力が低下したり、
  • 生活リズムが崩れやすいと言われていますので、
  • 昼寝は1時間未満にしましょう!
  • 最後に、朝スッキリ目覚めることができないという方に、目覚ましアラームの掛け方をお伝えします!
  • ⑥目覚ましアラームを20分間隔で2つの時間にセットする
  • たとえば、7時に起きないといけない日は、
  • 6時40分と7時の2つの時間でセットします。
  • そうすると、前後どちらかのアラームで、

すっきりと目が覚めやすいです。

  • なぜかというと、
  • 睡眠には、
レム睡眠(脳は起きていて体が眠っている睡眠)と
ノンレム睡眠(脳も体も寝ている睡眠)の
  • 2種類があり、それを繰り返しながら眠っているのですが、
  • レム睡眠のタイミングでアラームが鳴ると、
  • 眠りが浅いので、スッキリと目覚めることができるのです!
  • 明け方では、レム睡眠とノンレム睡眠の周期は20分程度なので、アラームを20分ずらすことで、
  • 前後どちらかのアラームがレム睡眠の時に鳴ってくれます!
  • どれか一つでもいいので、
良い睡眠を取るために、是非チャレンジしてみてください!